NAKAZATO Contractor's

“ツクル”は、未来を変える。

1967年の創業から50有余年。

福島県南相馬市の総合土木建設業 中里工務店の歴史は、「ツクル」が原点になっています。

創業のきっかけは、発電所を「造る」こと、建設工事から始まりました。

時は巡り、震災で私たち南相馬市も甚大な被害を受けました。

失った街並みをもう一度「創る」こと、新たな責務が与えられました。

そして今、もうひとつの大きな使命があります。

生まれ育ったこの土地と文化を愛し、働く喜びを分かち合える人材を「作る」こと。

中里工務店は、地域とそこに住む方々によって育まれてきました。

「造る」それは、人と地域に役立ち、恩恵をもたらしてくれます。

「創る」それは、子供たちの未来を守る私たちの責任です。

「作る」それは、会社だけではなく地域の代えがたい財産になります。

だからこそ、これからももっと「ツクル」にこだわります。

私たちの総合土木建設業としての躍進は、地域の、未来の、人材の成長そのものだと考えています。

会社案内

福島県南相馬市の本社の他、9つの拠点があります。電力会社、省庁をはじめとした行政機関等、主な取引先情報もご覧いただけます。土木・建築工事の他、再生可能エネルギー事業も行っています。

採用情報

当社では、若手人材の採用・育成に特に力を注いでいます。あなたの設計や技術が、直接復興につながり、福島に住む方々の笑顔を作ります。中里工務店で「ツクル」価値を感じてください。

興す使命・守る責任

文化継承

中里工務店の原点は『鳶』でした。

「義理と人情とやせ我慢」。縁の下の力持ちとして、地域の方々の期待に応えるその心意気は、今も変わりません。

毎年正月、小高神社で境内で披露されるはしご乗りの妙技。

文化を伝え続けることも、私たちの企業使命です。

未来継承

福島県の復興は、この地に住む子供たちの未来を守ることでもあります。安心して暮らせる街づくりを、雇用への貢献を、中里工務店は実行してまいります。

そこに住む子供たちを笑顔にすることも、私たちの企業使命です。